【メモ】簡単にできる寒さ&冷え性の対策とグッズのまとめ(夏冬両用)

20161121

冷えは万病のもとです。

冷えると体はだるくなるし、思考能力も下がる。それが続くと体も心も弱り、いろいろな疾患を引き起こしてしまいます。体を壊してからでは遅いです。冷えていると感じたら、早めに対策することが健康維持の秘訣です。

私も最近とくに寒さが妙に身に堪えるようになり…冬は冷え性、夏は室外の暑さと室内の寒さの温度差にやられて困っています。それでなりふり構わずいろいろやってみた結果、やってよかったことをメモしておきます。

スポンサーリンク

上半身・腰を温める

インナーを着用する

アウターに響かないインナー(ヒートテック)腹巻を着用します。

メーカーさんの努力があってか最近は薄いのにとても温かい、質の良いものが安価で売られています。店舗で買う場合は、とりあえずユニクロのインナーが薄くてさらっとして肌触りがよいのでオススメです。

ホッカイロを使用する

貼るタイプのホッカイロで部分的に温めます。

腰とお尻の間、もしくは下腹部に貼るのがオススメです。ダブルで貼ると効果が倍増します。

足首・ふくらはぎを温める

レッグウォーマー・スリッパを着用する

使ってよかったものは、足首まですっぽりのもこもこスリッパと、レッグウォーマーです。足元の冷えを特に感じる方にオススメ。

私はこれで足を攣ることがなくなりました。就寝中にたまに足を攣ることがあって…痛くて辛いんですよねこれ。

5本指靴下を使用する

5本指靴下はムレを防ぐ上に冷え取り効果もあります。私は5本指靴下の上にカバー的な感じでもう一枚普通の靴下を重ねています。めちゃくちゃ暖かいです。

ジェル型ホッカイロを使用する

ジェル型ホッカイロは何度も使えるので、エコでオススメです。2個買って上記のスリッパの中に入れておくとよいですが、割とすぐに冷めるので小まめな交換が必要です。

靴の中専用のホッカイロも売っていますので、そちらでもよいかも知れません(個人的には熱すぎてダメでした)。

全体的に温める

お風呂に入る

ソルト系の入浴剤を入れて、ゆっくりお風呂に入るのはとても効果があると思います。デトックスもできるし代謝も上がるしオススメです。

ソルト系以外でもいろいろな香りの入浴剤が発売されていますので、気分で好きなものを使ってください。↓は私のオススメです。

こちらのページを参考もどうぞ

お風呂の入浴剤・バスソルト:私が使ってみた感想とおすすめ紹介・まとめ
私は入浴剤が好きで、いろいろスーパーや量販店で見つけて買ってきたものを、よく試していました。 でもちょっと仕事やプライベートが...

体を温めるお茶を飲む

体を温める飲み物はたくさんありますが、ショウガが入っているものが一番効果があると思います。

しかし私は口に合わなかったので、ほうじ茶をオススメします。あとトロみのあるスープ類、スーパーで売ってるインスタントのコーンスープなどが手軽でオススメです。

代謝を上げる運動をする

運動をすると身体が温まり、継続して行えば基礎代謝が上がって太りにくい・疲れにくい身体になります。オススメはシンプルなウォーキングです。

はじめはウェアなど要りません、とりあえず動きやすい格好でスニーカーを履いて、腕を振って早足で歩き回ってください。

なるべく広い場所を選んで、できれば外で他のランナーに混ざって歩くとテンションが上がります。体が温まってくるのが分かるし、続けていけば代謝の向上も実感できます。加えて外ですと季節の移り変わりなどを肌で感じることができるので、気分転換にもなって楽しいです。

最近はウェアもかなりお安くセット売りされています。↓のようなタイプならジムでも使用できるし、水陸両用型なのでそのままプールや海にも入れるのでオススメです。

おわりに

なんだかんだいろいろ書いてしまいましたが、冷えのせいで楽しく生活できないなんて損です。

寒い地域の住民は鬱になりやすいというデータもありますし、心も体も温まって少しでもよい気分になって貰えたら嬉しいです。